×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川の流れに木の葉
川の流れの中に木の葉
沈んだり浮いたり
水流にもみくちゃにされて
大木に連なっていた頃の栄華はどこへやら

その姿はまるで僕
沈んだり浮いたり
世の中にもみくちゃにされて
組織に連なっていた頃の栄華はどこへやら

でも僕は木の葉じゃない
人間なんだ
人として産まれたことを
誇りに思って生きていきたい
みじめな気持ち
優しいね、と君は言った
本当に優しい人だね、と君は言った
僕は心の中で叫んだ
違うんだ僕はそんなにいい人間じゃないんだよ

君は知らないんだよ
僕が本当は自分本位で
僕が本当は冷淡で
僕が本当は我が儘で
僕が本当は取るに足らない奴だと言うことを

君に嫌われたくないから
ただ君に嫌われたくないから
みんなの前でも
いい子にしているだけなんだよ

本当の僕を知らない君の前で
正体がばれるのを怖れて
今日も僕はいい人の芝居をするんだよ
みじめな気持ちで不本意な芝居をするんだよ
小市民
なぜ僕は毎回必ず投票に行くのでしょう
なぜ僕は人の欠点を言わないようにしてるのでしょう
なぜ僕は人の頼みをなかなか断れないのでしょう
なぜ僕は戻らないお金を貸すのでしょう

僕の中の小市民が僕を支配しています
本当に心の底からそうしていると言い切れない小市民が
今日も僕をいい人にします

自信を持っていいことをしてるんだと
自ら好んでいいことをしてるんだと
誇らしげに言ってみたいものです
クローバーの葉
公園の水仙の花がみんな切られてから
その切られた茎を見るのがつらかった
そこを通るのが嫌だった
久しぶりにうっかりそこへ行くと
水仙の花畑は
一面クローバーの葉っぱに覆われていた
水仙の葉も悲しそうには見えなかった
クローバーが僕と水仙を
癒してくれたんだ
と思った僕は
ようやく犯人を許すことができた気がした
水仙の心は立ち直ることができたけれど
決して救われることのない心の犯人なのだから
霧の夜の一等星
孤独なあなたの心の中は
霧の夜の一等星

一人寂しく光っているけど
霧に隠れて他の星が
見えてないだけ

時が過ぎて霧が晴れれば
空一面の
星の海

あなたも心の霧を晴らせば
きっと沢山
友がいるでしょう
遠くの空に
遠くの空に 過ぎ去った人の面影を見る

遠くの空に あなたの声が聞こえてきそうで

遠くの空に ただ昔の日々を懐かしむ

いつか 今日のことも 思い出になる

いつか 通り過ぎる人の後ろ姿に はっとしなくなる

いつか かえらぬあなたの噂ができるようになる

いつの日か 時間が過ぎ去れば
遠くの空も 穏やかに眺めることができるのだろう

今はただ 苦行のように 時間の流れるのを
数えて待っている僕がいるだけ
流れ星
冬の夜空に
流れ星をみつけて
思い出した
「大人になりたい」
そう願った少年の日

そして今
流れ星をみつめて
僕は心で
「子供に帰りたい」
そう願う大人になった
どしゃぶり
突然の土砂降りに 言葉もなく立ちつくす
僕は自転車だというのに 家まで5キロはあるのに
なにか呆然と途方に暮れる

とろとろと濡れながらチャリで進んでいると
古本屋になぜか「あしたのジョー」のポスター
はっと思った
「ジョーのつもりになればいい」

そして僕は豪雨の中をトレーニングのつもりで
全力でチャリをこいだ
自分に酔いながら
想いの丈
君を呼びだして ぶつけようかと思った
想いの丈を

だけど頭に浮かんでくる言葉は
キザなセリフばかり
全然僕らしくない
やっぱりやめようと思った

いつかすんなり言えるといいな
すくんだりせずに想いの丈を
背伸びもせずに想いの丈を
微妙な距離
君って不思議な人だね
別になぐさめの言葉とか
かけてくれるわけじゃないのに
なぜか心がほっとする
ただ一緒にいるだけで
なぜか心がほっとする

僕には 君が僕を
好きか嫌いかわからない
僕自身も 僕が君を
好きか嫌いかわからない

ただ、今は
この微妙な距離を楽しんでいたい
君と僕の間にある
この微妙な距離を
back