×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペットボトル
小さな滝ノ下
捨てられたペットボトルがカラカラと廻る
いつかは流されて下流に行くのだろう
いつまでそこにいるのだろう

すぐそばには桜のつぼみ
明日にも花開くかもしれない
捨てられたペットボトル
いつまでそこにいるのだろう
カラス
街中にカラス
真っ黒で、ゴミを荒らし
嫌われてる

それは自然界にエサ場が無くなったから
エサ場が無くなったのは人間のせい
カラスに生まれたのは
カラスのせいじゃない
晴れの日、雨の日
よく晴れた日に公園を歩いていると
雨の日のことなんて忘れてしまう
靴を濡らしたことも
傘を貸してもらったことも
人は晴れの日には雨の日のことを
忘れてしまうものらしい

忘れてしまっていいのだろうか
理性
父母から受け継いだのでしょうか
遠い過去からの宿命でしょうか

人々の心の奥底で荒れ狂うのは
人類の定めでしょう

世界の主になりたいのでしょうか
ただ空腹なだけなのでしょうか

尊敬している女性すら
引きずりおろそうとして

知識への果てない探求心さえも
出世への手管へと変わってしまいます

ただここに闘争だけがあるのです
理性という剣を青眼に構えて

野性のひとびとに
ドン・キホーテと嘲られても

ただここに闘争だけがあるのです
理性という剣を青眼に構えて
朝を待つこと信じること
きのうまでつぼみだった
今朝ほととぎすの声に誘われて
表に出てみたら
桜が咲いていた
咲く事なんて忘れていたけど
生きているとこんな喜びが
ひょっこり現れる
つらい夜を過ごした後の
朝には何か待っているかもしれない
今日でなくても明日
明日でなくても来週
忘れていた良いことが
朝には何か待っているかもしれない
いつの日かきっと
順番がまわってくると
希望を持った方がいいんだよ
希望を持つことそのものも幸せなんだから
旧友去り行くとき
君は笑った
大きな声でガハハハと
久々の君は
もう昔の君ではない
共にあれほど悩んだのに
君は何も学ばなかったのか

君は笑った
大きな声でガハハハと
酒の飲めない僕
気づかう君はもういない
共に悩んだ時代に
君は何も学ばなかったのか

悩んだ自分をきれいに忘れ
君は粗野なおばさんになった

さようなら我が古き友
君はもう君ではなくなった
雨降りの朝に
明け方の悪夢
早朝の雨
きのう別れた君と僕
雨音が少しずつ
僕の心を削っていく
湿った雨の日の空気
僕は空気を入れ換えたくなる
窓を開けた



天気雨だったんだ
入れ換えるべきなのは
空気でなく気持ちだったんだ

今日は僕の新しい一日
きっとそうしてみせる

今日から君はただの過去
きっとそうしてみせる
ブナの木に花が咲いたよ
ブナの木に花が咲いたよ
山奥の峰をいくつも越えたところで
久しぶりに見たその花はとても可愛かった

昔、家の近所で見られたという
樹齢800年の古木は
伐採されて3万円の材木になった

この花を見られたことを
今は喜んでいよう
このブナの木も
いつ伐採されるかわからないけど

この花を見られたことを
今は喜んでいよう
次はいつ見られるか
わからないのだから
こいごころ
窓を開けると
春の風の中に恋の香りがした
まだ見ぬあなたが
どこかで息づいている

まだ見ぬあなたは
どこで何をしているの
もしかしてもう逢ったのかな
年上かな 年下かな

僕は今日も
いつあなたに出逢ってもいいようにと
心の準備をしているよ
あなたに渡す心の中の花束を
今日も綺麗に保つ努力を
あなたのために続けている
どんなにつらい日を送っても
どんなに楽しい日を過ごしても

時が来れば必ず訪れる
すべての人に 一様に

昨夜の最高の手紙も
振り返ればただ恥ずかしかったり

疲れて混乱しきった袋小路も
一晩眠ってすっきり通れたり

些細な一言に激怒したあの娘も
翌朝には水に流してくれたり

どんなにつらい日を送っても
どんなに楽しい日を過ごしても

時が来れば必ず訪れる
すべての人に 一様に

朝はすべての人の宝箱
back